真剣に、誰がそのフライドチキンの一口を望んでいないのですか?

真剣に、誰がそのフライドチキンの一口を望んでいないのですか?

良いニュースは、私たちは現在、代替案が私たちの指の先にある世界に住んでいて、あなたが期待していたように、私は少しの宿題をしました。私は何らかの形で揚げ物をしないバージョンが欲しかったですが、私はずっと長い間、おいしい柔らかくジューシーで、クリスピーで香ばしいチキンを手に入れました。食べ物を揚げるときに何の魅力も感じない人にさえ気に入ってくれるもの。 (私のように、ほとんどの時間!)

だから今ここではオーブンフライドバターミルクチキンのレシピです。そして、私は本当にそれが好きだと言わなければならない。

これについて私が気に入っているもう一つのことは?それはあなたがマリネで浚渫した種類のものです。焼きたてのものなので、オーブンに入れて調理するまでそこに残しておきます。適切な温度に揚げた油を揚げて測定する必要はありません。また、鶏肉が焦げたり、あまりにも濁ったりするのを恐れて熱い油で守る必要はありません。私は複雑なレシピのためにすべてですが、簡単なものはさらにいいですか?

前夜は、味付けやバターミルクで鶏肉をマリネします。バターミルクは、あなたの鶏肉を柔らかく柔らかくし、それがジューシー感を増幅するので、秘密です。効果をチェック!

これも日常キャッチボールよりも玩具

むすこがほいくえんへ向かうようになりました。
毎日たくさんのことを把握通して帰って来る。

そのなかで楽しいのが、「玩具のコメント」という口ムードで話すようになって要ることです。
玩具に伸びるコメントって、日常日常それではあまり使わない感じがありますよね。
たとえば、「~したのかい?」とか「~だったのかい?」という問い関係だ。
俺が招待に行った戻り、四緒に歩いているといったむすこが「お母君は部屋で何を通していたんですい?」なんて問いを通して来る。
その僅か不自然な知覚がかわいくてたまりません。

あとは、「~通してごらんよ」というコピーもしばしば使います。
これも日常キャッチボールよりも玩具に伸びることがおおいコメントではないでしょうか。
むすこは「お~い、お母君!こういう風船を取ってごらんよ」とか、「これをくってごらんよ」と言うことがおおいだ。

そして先日、ほいくえんの玄人がむすこの様相に関して伝えてくれました。
なかでも印象深かったのが、「玩具やペーパークラシックを誠に熱心に伺ってくれているよ」とのことでした。
むすこのその様相をおもい浮かべるって、漠然とあたたかい矜持になります。美リッチ青汁を楽天に無い