これも日常キャッチボールよりも玩具

むすこがほいくえんへ向かうようになりました。
毎日たくさんのことを把握通して帰って来る。

そのなかで楽しいのが、「玩具のコメント」という口ムードで話すようになって要ることです。
玩具に伸びるコメントって、日常日常それではあまり使わない感じがありますよね。
たとえば、「~したのかい?」とか「~だったのかい?」という問い関係だ。
俺が招待に行った戻り、四緒に歩いているといったむすこが「お母君は部屋で何を通していたんですい?」なんて問いを通して来る。
その僅か不自然な知覚がかわいくてたまりません。

あとは、「~通してごらんよ」というコピーもしばしば使います。
これも日常キャッチボールよりも玩具に伸びることがおおいコメントではないでしょうか。
むすこは「お~い、お母君!こういう風船を取ってごらんよ」とか、「これをくってごらんよ」と言うことがおおいだ。

そして先日、ほいくえんの玄人がむすこの様相に関して伝えてくれました。
なかでも印象深かったのが、「玩具やペーパークラシックを誠に熱心に伺ってくれているよ」とのことでした。
むすこのその様相をおもい浮かべるって、漠然とあたたかい矜持になります。美リッチ青汁を楽天に無い